ご無沙汰しております、筋トレが順調過ぎて納豆をかきまぜるとき、箸が容器を貫通してしまうらぁさんぽ筆者です。

更新頻度は相変わらずですが水面下でいろいろ食べてます。ゆくゆくはアンジャッシュ渡部のようなメシの人になりたいと思う次第です。

さて本日紹介するのは渋谷にある「喜楽」。だいぶ有名な店なんじゃないでしょうか。喜楽と聞くと先輩が喜怒哀楽の「喜」と「楽」の違いについて「人の不幸は嬉しいじゃなくて楽しい」と熱弁していたことを思い出します。中々説明できないことだが妙にわかりやすいこの例え。嫌いじゃないです。
さて、どんなラーメンなのでしょうか。

image


写真はもやしワンタン麺(900円)。もちろん筆者はミーハーなのでこの店の1番人気だ。

麺は太めの平打ち麺。やや固めの印象。

スープはしっかりした醤油。あっさりかと思ったがそういうわけでもない。鶏ガラと豚のしっかりした甘めの醤油。

具はもやし等の野菜炒め、チャーシュー、焦がしネギ、ワンタン。
なんと言っても焦がしネギだろう。これによりコクがでている。これに野菜炒めが非常に合う。ワンタンもボリューム満点だ。

まとめるとクオリティの高い中華屋にあるラーメンと言ったところだろうか。是非お試しあれ。