こんにちは禁ラーメン生活がわりかしうまく行ってる筆者です。

近頃もっと写真をのせろとの声が多いですがそんなに私の食いかけラーメンが見たいのでしょうか。麺のびちゃうよ!

今日紹介するのはあまりに有名すぎるつけ麺屋の六厘舎です。
少し前にグループワークで自己紹介の際に筆者の前の男が趣味はラーメン屋巡りです。おすすめは六厘舎ですと言っていました。まず私が言おうと思っていた趣味とかぶったことに大分憤慨していたが論点はそこではない。つ、つけめん…?はぁ?ラーメンあげろよ!有名なところ言って無難に置きにいってるんじゃねぇ!
そのあと筆者は趣味はフードファイトでラーメン連続4杯食べられますって言ってだだ滑りしたのは言うまでもありません。彼は今度行ってみよーとか黄色い声援を得ていましたね。世の中は不条理なものです。

それでも六厘舎はつけめんトップクラスの味です。スカイツリーなど至る所にありますが今日は東京駅ラーメンストリートの店舗の紹介です。
2013-08-11-14-36-31


写真は味玉つけめん(950円)。やや高いがラーメンストリートなどラーメン屋集まる系の場所では割と普通の値段である。
麺は極太麺で小麦の風味を感じる。茹でた後に冷水で締めているらしくコシも強い。非常に食いごたえのある麺だ。並でも300gのボリューム。

スープは濃厚スープ。味のベースは豚骨、鶏と動物系ではあるが鰹などの魚介系の香りがたつ。海苔の上の魚粉を溶かせばさらに風味が増す。

具はメンマ、ネギ、ナルト、チャーシュー、海苔、魚粉である。やはり特徴はこの魚粉であろうか。
チャーシューも崩れ落ちるようなチャーシューでうまい。ほぐしチャーシューというトッピングもあるがこれも柔らかくうまかった。

食後に割りスープが注文でき、柚子の入っただしを入れてもらえる。つけめんの店でスープ割りを頼むと嫌な顔をする店もちらほらあるが全く嫌な顔せずスープ割り喜んでの掛け声をかけるのもポイントである。

弱点は量が多いので後半大分スープが冷たくなってしまうこと。

とにかく人気で常に行列なので時間があれば足を運んでみたらいかがだろうか。