らぁ一歩、らぁ二歩、らぁ三歩。このコールは秀逸だと思ったらぁさんぽ筆者です。

筆者の進路も無事決まり、安堵しています。そこで最近長友の体幹トレーニングをはじめました。W杯楽しみです。

さてさて本日紹介するのは高田馬場の「くるり」です。神保町にもある有名店です。ここに行ったとき筆者は4杯目のラーメンで半分食ったところで断念しました。老いを感じました。以前一番弟子に残した分際で語るんじゃねぇと諌められたので前置きしときます。半分残しました。次回はフルパワーで挑戦したいところですね。

2014-02-16-19-21-12


写真はみそらぁめん(700円)である。ラーメンがらぁめんであることには強い共感を得る。ちなみに本ブログをググるとき「らーさんぽ」や「らあさんぽ」では表示されない。注意してほしい。もっとも本ブログの最終目標は上記の二つの単語からもしかしてらぁさんぽ的な予測変換が表示されるところにあるのだが。

麺は極太縮れ麺。大盛り無料とライスのサービスがある。さすがは学生街。その辺のサービスは手厚い。味噌ラーメンには極太麺がよくあう。

スープは濃厚豚骨味噌。はじめは豚骨であるが後からしっかり白味噌の味がきいてくる。ニンニクがやや入ってるかも。
中心にある辛味を溶かすと結構辛い。しかし、辛いだけでなくちゃんと旨味もある。筆者は辛いものは苦手であるが、旨味ゆえか苦ではなかった。うまい。

具はラー油のかかった白髪葱、ネギ、もやし、のり、豚肉、メンマである。辛いのでこれらの野菜がひきたつ。
チャーシューの代わりに豚バラ?を炒めたものがのっていた。この手のラーメンにはあう。

これだけこってりしていて辛いラーメンであればライスを欲する。次回は体調を万全にしてトライしたい。

そして筆者は味噌と二郎系に疎い。美味しいお店があったら教えてください(⌒-⌒; )