台風一過でめちゃくちゃ暑いですね。らぁさんぽ筆者です。

最近本ブログに改革が起きたことに気づいたでしょうか?
そう!駅別にカテゴライズされたのです!これにより見やすさが急上昇しました。まだまだ進化するブログらぁさんぽです。

さてさて本日紹介するのは新小岩にある一燈です。
このお店なんと全国ラーメンランキング一位や二位を行ったり来たりです。松戸にあるとみ田とよく比較されますね。

数時間の行列を覚悟していきましたが台風の直後のせいか10分ちょいくらいで入ることができました。それでもちょうど開店くらいの時間でしたけどね。

2014-07-11-18-31-32


写真は特製濃厚魚介つけ麺大盛り(1200円)。
高いという声が聞こえてきた。しかし筆者は片道一時間以上かけて往復の交通費が1000円超えている。一番良いラーメンを頼むのは自然の摂理である。

量は普通が200g、中盛り300g、大盛り400g、特盛500gから選ぶことができる。

麺は中太麺。もちもちしていてがっつり腹にたまる。最初に提供されたとき麺の量にびびるほど。小麦も数種類使ってそうだ。
麺がよくスープにからむため、スープの消費がはやい。

スープは濃厚な鶏白湯。魚介の香りも漂う非常に上品なスープ。
スープはどうしても冷めてしまうがおかわりのスープを提供してくれるところが憎い。

具は鶏チャーシュー二枚と豚チャーシュー二枚。つくね、白髪ねぎ、ほうれんそう、海苔3枚、味付けたまご、万能ねぎ、メンマだ。
つくねは軟骨で生姜かしその香りがほんのりする。ただのつくねにもアクセントを加えるあたりすごい。
たまごは燻製されている。これをつくるのに何日かけているのだろうか。
何より特出しているのはチャーシューだ。写真からもわかる通りレアである。これはめちゃくちゃうまい。これだけで焼肉屋を開けるんじゃないかと思った。

人気があるのも納得の完成度の高いラーメンであった。サービスとして女性にはシャーベットがでた。こういうサービスも人気の秘密なのかもしれない。並ぶ価値が十分にある。

後ボリュームと油がすごかったので麺の量だけは注意が必要だ。

2014-07-11-18-15-07

本日は先輩方と行きました。